スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万が一を考えると…

「漏れる」とか「原因不明」とか、ちょっとお休み。



万が一の事故を考えると、確かに怖いんです。
それは、

ダッシュボード。


鉄板むき出しのダッシュボード
それと、金の輪に樹脂をかぶせただけの、スマートなハンドル

オフセット衝突などでは、間違いなく運転手の顔面目掛けて、ハンドルが飛んできますよね。
パッドなど巻いてない、冬は冷たくて握れないほどの固いハンドルが…。
助手席の人だって、ただの鉄板に頭を打ち付ける事態になるかも知れません。

もちろん、そうしない、させない運転が第一なのを踏まえた上でお話をすると…



やっぱりこの雰囲気は素敵です。
窓の外に見えるボデーの色が、内装にも回り込んでるって…良いですよね。
私のビートルは、年式的('74)に本来、ダッシュボードにパッドがかぶせてあります。
でも、廉価版のスタンダードはコストダウンの影響か、鉄板がむき出しなんです。

他にも、


内張りも節約。


内張りは、本当に天井の少ない面積にしか張ってありません。
通常は、リアウィンドウ周りにもしっかり回り込んでます。
でもこの「廉価版」という雰囲気が、何とも素敵だと感じます。


エラもありません。


通称「エラ」もありません。
付いてるものの本来の目的は、ボデーに空気穴を開けたものらしいですね。
機密性の高すぎるビートル、ドアの閉まり等が軽くなるんでしょうか。
でも、これがないのは余計な雨漏りや錆を心配しなくていいので、私の中では高評価です。


この「スタンダード」の装備は、私が車に求める欲求を、かなり満たしてくれています。
レトロな雰囲気を高年式で安価に味わいたい人は、このグレードがオススメでしょうね。
初めてビートルなんて車を買う人は、そういう雰囲気を大事にしたい人でしょうし。

ダッシュパッドを後から外すのは、けっこう大変なようです。
それはそうですよね、留まってたネジ穴などを、全部板金で塞がないといけませんから。
そしてまたダッシュボードを塗装して…なるべくやりたくないですね。
ヘタすると、車検も通らなくなる可能性があるそうですし。



最初から色々付いてるビートルだったら、私は色々と外したくなったと思います。
でも、最初に何も付いていないこのビートルに乗っていたら…

今度は「色々と付いてる」ビートルにも乗ってみたくなりますね。




スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
ゆたかと申します。
八王子市内をウロウロしてます。

勢いで空冷ワーゲン、買ってしまいました。
赤い74年ヤナセものです。
街中で見かけたら、声でも掛けてやってください。

2015年3月、勢い余ってBAJA BUGに乗り換えました。
黄色い68年のニコイチモノです。
街中で見かけたら、手でも振ってやってください。



壊れるかと思ったら、全然壊れない空冷ビートル。
当たり外れはあると思いますけども、私のは壊れません。

購入を悩んでる人に、楽しんでもらえるブログにしたいです。
上手くいけば、背中を一押し出来るようになればなぁ、と。
経験上から答えられる範囲で、疑問・質問にお答えします。
もちろん、乗ってる方のコンタクトは大歓迎。
私からも、ブログ上で質問を投げかけると思いますので。

コメントはお気軽にどうぞ。
リンクも適当にどうぞ。
トラックバックも適当にどうぞ。
変な投稿は、問答無用で削除します。

更新はゆる~く(なるべく月一…)。
雰囲気もゆる~く。
道交法遵守は大前提で。

Facebook:
http://www.facebook.com/aircooled.idiot


FBの友だち申請、今後は受け付けます。
その代わり、ネットだけの付き合いで終わらない覚悟で。
直接の交わりを大事にしたいので。
まずはメッセージをお願いします。
突然の友だち申請は、無条件でお断りします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。