スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達は○○と言ってる。

某SNSのVWコミュニティで、購入を悩んでる人が書き込んでいました。

「買いたいけど、車屋の友人が、いいこと一つも無いみたいに言うから、悩んでいる」と。

相談者は、「昔からずっと欲しくて…」と言っているのに、そこでなぜ悩むのか分かりませんが。



しかしもし、友達が国産屋さんで、国産しか乗った事がない人なら、それは意見でなく偏見です。

例えば、

「僕、AKBのファンになろうと思うんだけど」

「あいつら絶対に性格悪いよ、やめとけよ」


という会話と、本質は変わりません。
情報源が信頼出来ないので、確認のしようが無いのです。
あくまで話している本人の個人的想像、あるいは妄想でしかありません。



話を戻して、コミュニティの空冷乗りさん達は、現段階では悪い事を一つも書いてません。
私も書き込もうかと思いましたけど、その必要もありませんね。
悪いところと言えば、新車で手に入らないことくらいでしょうか。

関係ないですけど、ニュービートルの新型が出たみたいですね。
もう、ワケが分からない感じです。



埋もれる~


逆に国産では、エンジンが止まったり、色々トラブルを経験している私です。
ですが、空冷ビートルを一年半近く乗っていて、故障などのトラブルは経験していません。
何度も言ってますけど、本当に現代の交通事情でも、実用以上の活躍をしてくれてます。

大きな声じゃ言えませんけど、メンテも全然していません。
小さな声で言いますが、オイル交換、一年してません。←こ、これは、疎開から戻ったら早急に…
前に乗っていた初代アルトワークスの方が、よほど気を使っていました。
いいオイル、いい冷却水、暖気後の発進などなど。

ビートルは、全然そんな気を使っていません。
「五人乗れる軽トラ」みたいな感覚です。



逆に私は、5万キロ前後でガタが来て買い替えを迫るように設計された新型車なんて…
それこそお金の無駄だとしか思えません。

確かに今の車は、賞味期限以内なら安全、低燃費、乗り心地も良いのでしょう。
しかし、私はそれを車に求めていません。
ビートルには、求めるものは全て備わっています。
条件を全部満たしてくれて、尚且つ「好き」だから乗ってます。

友達に進められて「やっぱり国産車を…」と思って買うなら、それもまた幸せな真実でしょう。



ただ、ローンの残る国産車の運転席から、すれ違う空冷を見て、毎日を後悔するでしょうね。
反対に、空冷の運転席から、すれ違う国産車…なんて、みんな同じで区別つきませんけど。
夏場だけは「今の車は、窓が閉められていいな」と思うくらいでしょうか。
友人に「新車買ったよ」と自慢されても、正直「へ~、やっぱ新車はきれいだね!」しか言えません。



大げさで言葉は悪いですけど、変な車に乗る人は、車も「ライフスタイル」のうちなんだと思います。



スポンサーサイト

テーマ : フォルクスワーゲン
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
ゆたかと申します。
八王子市内をウロウロしてます。

勢いで空冷ワーゲン、買ってしまいました。
赤い74年ヤナセものです。
街中で見かけたら、声でも掛けてやってください。

2015年3月、勢い余ってBAJA BUGに乗り換えました。
黄色い68年のニコイチモノです。
街中で見かけたら、手でも振ってやってください。



壊れるかと思ったら、全然壊れない空冷ビートル。
当たり外れはあると思いますけども、私のは壊れません。

購入を悩んでる人に、楽しんでもらえるブログにしたいです。
上手くいけば、背中を一押し出来るようになればなぁ、と。
経験上から答えられる範囲で、疑問・質問にお答えします。
もちろん、乗ってる方のコンタクトは大歓迎。
私からも、ブログ上で質問を投げかけると思いますので。

コメントはお気軽にどうぞ。
リンクも適当にどうぞ。
トラックバックも適当にどうぞ。
変な投稿は、問答無用で削除します。

更新はゆる~く(なるべく月一…)。
雰囲気もゆる~く。
道交法遵守は大前提で。

Facebook:
http://www.facebook.com/aircooled.idiot


FBの友だち申請、今後は受け付けます。
その代わり、ネットだけの付き合いで終わらない覚悟で。
直接の交わりを大事にしたいので。
まずはメッセージをお願いします。
突然の友だち申請は、無条件でお断りします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。