スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助手席側窓の注油。

先日、運転席側はやりましたが、本日は助手席側。
助手席は、自分以外の方が操作する部分なので、早めにやっておきました。

窓を上げ下げする時の、動作が固いのを緩和する作業です。
基本的にバラして可動部に注油するだけです。
運転席と同じ作業なので、詳しくは割愛します。

運転席側は、ドアの下側にたくさんのガラス片と石ころがありました。
でも助手席側は、窓ガラスが割れた形跡もなく、
石ころも全然溜まっていませんでした。
これなら万が一溜まってしまった水も、きれいに抜けるでしょう。
良かったです。



国産車と違うなぁ、と思ったことをひとつ。

金属製クリップ


少しわかりづらいですね。
写真はドアの内張りを外して、裏側から撮影したものです。
中央付近に、金属製のツメのようなものが数個写っています。

ドア側には樹脂製の「受け」がついています。
そこにハメ込んで、内張りを固定するためのクリップです。

私の記憶では、国産車のこの手の部品は、全部樹脂で出来ているかと。
なので、ちょっと力を入れて外すと、劣化した樹脂部品が折れたりして、
作業をするたびに、固定するクリップが少なくなった気がします。

時代的に、樹脂でいい素材が無かったのかも知れませんけど、
こういうのを見ると、「直しながら乗るため」に、
何度も着脱するのが前提の作りなのかなぁ、と思ったりします。

国産車は、一度外した部品は、元に戻らないことがけっこうあるので…。
部品をユニットで交換するのが前提の国産車。
壊れたり、不具合のある場所だけをピンポイントで修理できる外国車。
作業のしやすさで言ったら、(最近の)国産車と外国車では、
明らかな「思想の違い」が根底にあるように思えてなりません。

だからって、

「外国車バンザイ!」
「さすがヨーロッパ車!」
「ドイツ車はやっぱり素晴らしい!」


なんて言う気は微塵も無い、日産旧車ファンの私です。

スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
ゆたかと申します。
八王子市内をウロウロしてます。

勢いで空冷ワーゲン、買ってしまいました。
赤い74年ヤナセものです。
街中で見かけたら、声でも掛けてやってください。

2015年3月、勢い余ってBAJA BUGに乗り換えました。
黄色い68年のニコイチモノです。
街中で見かけたら、手でも振ってやってください。



壊れるかと思ったら、全然壊れない空冷ビートル。
当たり外れはあると思いますけども、私のは壊れません。

購入を悩んでる人に、楽しんでもらえるブログにしたいです。
上手くいけば、背中を一押し出来るようになればなぁ、と。
経験上から答えられる範囲で、疑問・質問にお答えします。
もちろん、乗ってる方のコンタクトは大歓迎。
私からも、ブログ上で質問を投げかけると思いますので。

コメントはお気軽にどうぞ。
リンクも適当にどうぞ。
トラックバックも適当にどうぞ。
変な投稿は、問答無用で削除します。

更新はゆる~く(なるべく月一…)。
雰囲気もゆる~く。
道交法遵守は大前提で。

Facebook:
http://www.facebook.com/aircooled.idiot


FBの友だち申請、今後は受け付けます。
その代わり、ネットだけの付き合いで終わらない覚悟で。
直接の交わりを大事にしたいので。
まずはメッセージをお願いします。
突然の友だち申請は、無条件でお断りします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。