スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃料計不調。

先日、立川へのバンドの移動に、初めてバハを出動させました。

日野橋を渡り切った辺りで、ふと何か動くものが目に入りました。
燃料計が、みるみるうちにエンプティの方向へ…。

「はて、燃料が漏れたか?」

とも思いましたが、全くの無臭。
少し待つと、今度は満タン方向へす~っと。

原因は、すぐに思い当りました。

先日記事にしましたが、燃料計の、センサー付近のパッキンを替えました。
その時、キットに入っていたパッキンが、実は樹脂製だったのです。
純正パッキンは、銅ワッシャー。
アース線をその銅ワッシャーと共締めする事で、キッチリと作動します。

が、上述の通りに、肝心の共締め部分が樹脂に置換されたのを思い出しました。
思いっきり絶縁されていたわけです。
ですので、今日は仕事から帰って、ひとまず取り外し。

DSC_0109.jpg

ネジについている白い物が、今回の悪さをした樹脂部品です。
工具も無いし、なかなかいいアース場所が見つからず。
色々考えましたが、いいアイデアも浮かびません。
なので、近くにいたメカニックの兄にここぞとばかり助けを求めました。
そして、ひとまずの応急処置的アドバイスをもらいました。
それは、

端子部分をグイっと曲げて角度をつけて、端子本体を直接ユニットに触れさせる

というもの。

指示通りにやってみると、バッチリと正常に作動しました。
ビシっと止まり、もうユラユラしません。

DSC_0110.jpg

画像では分かりにくいですが、端子を直接触れさせています。

ひとまずは応急処置なので、近いうちに対策を考えようと思います。
しかし、どうしてこんな不具合が起きるようなものでキット化するのだろう?
と、単純に不思議に思いました。


http://www.d-flat.net/syaken/

兄の工場です。
主に大型バイクがメインですが、四輪部門もあります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
ゆたかと申します。
八王子市内をウロウロしてます。

勢いで空冷ワーゲン、買ってしまいました。
赤い74年ヤナセものです。
街中で見かけたら、声でも掛けてやってください。

2015年3月、勢い余ってBAJA BUGに乗り換えました。
黄色い68年のニコイチモノです。
街中で見かけたら、手でも振ってやってください。



壊れるかと思ったら、全然壊れない空冷ビートル。
当たり外れはあると思いますけども、私のは壊れません。

購入を悩んでる人に、楽しんでもらえるブログにしたいです。
上手くいけば、背中を一押し出来るようになればなぁ、と。
経験上から答えられる範囲で、疑問・質問にお答えします。
もちろん、乗ってる方のコンタクトは大歓迎。
私からも、ブログ上で質問を投げかけると思いますので。

コメントはお気軽にどうぞ。
リンクも適当にどうぞ。
トラックバックも適当にどうぞ。
変な投稿は、問答無用で削除します。

更新はゆる~く(なるべく月一…)。
雰囲気もゆる~く。
道交法遵守は大前提で。

Facebook:
http://www.facebook.com/aircooled.idiot


FBの友だち申請、今後は受け付けます。
その代わり、ネットだけの付き合いで終わらない覚悟で。
直接の交わりを大事にしたいので。
まずはメッセージをお願いします。
突然の友だち申請は、無条件でお断りします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。